エネマガ登録
バナー

省エネ法に基づく登録調査機関第2号(平成18年8月11日登録)

エコ診断ネットワークジャパン

経済産業大臣登録 第2号の「登録調査機関」です。

省エネルギー活動のパイオニアです。

省エネルギー法の遵守によってコスト削減を目指します。

企業戦士が培ったノウハウをボランティア精神で貢献します。

企業や自治体ひいては地域の皆さまに、日本一ユニークな省エネノウハウを提供します。

国際貢献として、世界の人々にエネルギーの上手な使い方をお知らせします。

平成29年度確認調査について

29年度確認調査の受付を開始しております。

SPAMメールが増えていますので、ご質問等はお電話(電話番号は左側メニューの「法人情報」ボタンより確認ください。

 九州圏内に限らせていただいておりました確認調査は、平成19年度より 全国を対象に確認調査を実施しております。

当機関の活動にご協力頂ける方を募集しています

・確認調査員の募集

確認調査の調査員を募集します。有資格者については、当機関にて確認調査に必要な教育を実施します。
【資格】エネルギー管理士免状

・調査員の募集

当機関の実施する社会貢献事業や確認調査業務のサポート等を行う技術者を募集します。
【経験】学識経験者、省エネ法に関する業務(行政職、エンジニア等)、エネルギーに関する業務の経験者。
【参考資格】技術士、建築士、ISO審査員、CDM関連資格

理事長あいさつ

近年の中国やインド等発展途上国の経済発展は、世界の化石燃料の使用量増加の一因となっており、 世界を巻き込んだエネルギーの争奪戦や、枯渇の危機を予感させます。また、この問題は、エネル ギー資源問題にとどまらず、地球温暖化問題の重要な課題ともなっています。

我々団塊世代のエンジニアは、2度にわたるオイルショックを克服し、日本の高度経済成長を支えて きました。これらの貴重な体験と培ってきた知識は、現在の日本社会に必要不可欠でありながら、時間 の経過とともに失われつつあります。

エネルギーの専門家集団であるエコ診断ネットワークジャパンは、省エネを通じて、エネルギー資源の消費量と、温暖化ガスの排出量を削減し、後世の人類が豊かな生活を継続できる地球を残す事を目的として結成されました。

エコ診断ネットワークジャパンは、団塊の世代のエンジニアの多くの方々に参加していただくことで、エネルギー資源と、地球環境の保護を通じた、さらに質の高い社会貢献ができるようになると確信しています。団塊の世代のエンジニアには、その技術を眠らせることなく、積極的に社会へ還元していく事を期待します。

このページのトップへ移動 このページのトップへ
Copyright (C) 2006 toku-kei, All rights reserved.